It's okay to be weird

レールの無い道を行くプログラマーのブログ

baserCMSプロジェクトに貢献する色々な方法

この記事はbaserCMS Advent Calendar 2018 10日目の記事です。

こんにちは!baserCMSリリースマネージャーの永冨隆之 (@tommy6073) です。

今回は技術的な話ではなく、オープンソースプロジェクトであるbaserCMSに貢献する色々な方法について紹介したいと思います。OSSに貢献というとなるとプルリクエスト、と思うかもしれませんが、貢献できる方法は意外と多いのです。

baserCMSでサイトを作る

まずはbaserCMSがどういうものであるか知っていただくためにもご自身でWebサイトを構築していただくことが一番だと思います。使っていただいた体験があってこそ、これから挙げていく他の方法に繋がるでしょう。

まずはbaserCMSを実際に使ってみて下さい!

難易度: 低
必要なスキル: Web制作に関する基礎知識

ユーザーズフォーラム

baserCMSにはbaserCMS ユーザーズフォーラムという公式フォーラムが存在します。「ひとりぼっちは許しません」をモットーに運営されており、質問やバグ報告、改善要望などが書き込めます。

書き込むだけで貢献に繋がるの?と思うかもしれませんが、生のユーザーの方の声により修正点や問題点が見つかり、それがbaserCMSの改善に繋がることも多いのです。

困ったことがあったら是非ユーザーズフォーラムを利用してみて下さい。

難易度: 低
必要なスキル: baserCMSの基礎知識

プラグイン・テーマの作成

baserCMSは機能をプラグイン、見た目をテーマとしてユーザーが拡張することができます。これら作成したものはbaserマーケットに公開することができます。無料ではもちろん、有料で販売することもできます。

質の高いプラグイン・テーマがあることで、baserCMSの利用者が増えることにつながるため、貢献度はかなり高いといえるでしょう。

是非、素のbaserCMSに物足りなさを感じたら、プラグインやテーマを作って拡張してみてくだfdsaさい。

難易度: 中
必要なスキル: baserCMS、CakePHP、HTML/CSS/JavaScript、デザインの知識など

コアパッケージへのプルリクエスト

最後にやはりプルリクエストは外せません。baserCMSはオープンソースなプロジェクトです。リポジトリはGitHubで管理されており、どなたでもプルリクエストを送ることができます。

現在分かっている課題はRedmineでチケットとして管理されているため、自分で探してみるのもいいでしょう。

マージされたときの喜びはひとしおです。是非、細かな修正でもいいのでプルリクエストを送ってみて下さい。

難易度: 中〜高
必要なスキル: baserCMS、CakePHP、HTML/CSS/JavaScriptの知識など

まとめ

以上、baserCMSに貢献する様々な方法について紹介しました。

具体的な参加方法は、公式サイトに記載されていますのでご参考下さい。他にもコミュニティに参加していただくと、よりbaserCMSと親しくなれると思います。

baserCMS 5の開発も始まっており、baserCMSプロジェクトに関わる機会としては絶好の時です。今こそbaserCMSプロジェクトに貢献してみませんか?